ドライウェイト(DW)

体に余分な水分がない状態で、透析後に達成しなければならない目標体重のことです。つまり、顔や手足にむくみがなく、心臓が大きくなっておらず、血圧も正常で、体調が良好な状態での体重をいいます。

動静脈瘻(AVF)

動静脈瘻とは自己血管内シャントとも言い、外科的に作成した患者さんの動脈と静脈を直接連絡(吻合)したものです。両血管の吻合により、静脈は拡張し、血液透析施行時に連続して充分な血流量が得られます。

透析装置

血液透析療法をサポートし、透析液の作成または供給を行い、患者さんの状態と透析の諸条件を監視する装置です。

透析効率

透析が充分に行われているかどうかをチェックする指標の一つです。主に、老廃物の除去と水分の除去を指します。

透析液流量

透析液がダイアライザーを通過する流量をいいます。一般的にはmL/minで示します。

透析液

半透過性の透析膜または腹膜を境として血液または体液と接し、透析の原理に従って尿毒症物質と過剰な水分の移動を可能とする溶液のことです。

透析

腎機能の低下により体内に蓄積した病因物質を、主に半透膜を用いて血液から除去し、血液を正常化することにより病態を改善する治療法です。

 

過剰な水分と老廃物を除去するために拡散と浸透または限外濾過により、物質を移動させる方法です。人工膜を使用する血液透析と生体膜を使用する腹膜透析に大別されます。

電解質

ナトリウム、カリウム、カルシウム、リン、マグネシウムなどで、体の内分泌、腎などの代謝に関与します。

トンネル感染

腹膜カテーテルが埋め込まれている部分に細菌が繁殖し、周囲の皮下組織に感染が起こり化膿します。

出口部感染

腹膜カテーテルが皮膚を出入りする部分で、特に皮膚からカテーテルが出ている部分に細菌が繁殖し、周囲の皮膚に感染が起こり化膿します。