東京新橋透析クリニック 当クリニックのある新橋駅は、東京駅から3分、浜松町から3分と交通のアクセスが極めて良好です。

電話番号 メニュー

OASIS heart 3号

元気がでる透析医療のコツ

今回は血流量(QB:Quantity of Blood flow)についてお話したいと思います。

元気がでる透析医療のコツ

血流量とはシャントから血液ポンプを使って血液を取り出し、ダイアライザに流入させる血液の流量をいいます。

前回は、透析時間が長ければ長いほど透析の効率が上がるというお話をしました。実はそれだけではありません。透析時間と同様に透析の血流量が効率に関係してきます。透析効率を上げるために血流量が重要な要素なのです。例えば、血流量に比例して小分子尿毒素は除去されていきます。

長生きしている人の常識とは

2009 年の日本透析医学会の報告に血流量と生命予後を調査したものがあります。少しむずかしいかもしれませんが、出来るだけ簡単にお話ししますね。血流量200ml/ 分を1とすると、血流量150 未満では2.8 倍も死亡リスクが高いことがわかります。何と死亡リスク2.8 倍ですよ。

反対に、血流量200ml/ 分に比べ300ml/ 分では40%以上も死亡リスクが低くなっています。昔からQB を上げると「心臓に負担がかる」、「血圧が低下する」と言われてきましたが、科学的な根拠はありません。海外の研究においても、高透析量群での心臓関連死は増加しておりません。

血流量さえ上げればいいというのは本当か?

当然、上の見出しのような疑問が出てきます。しかし、血流量が多ければ多いほど効率が上がるという単純なものでもありません。血流量を増やしたぶん、ダイアライザを大きな膜面積のものに変更したり、血流量に見合う透析液流量(一般的には500ml/ 分の施設が多いです)に上げなければ変化は少ないのです。

むずかしいことは、さておき、重要なのは透析時間と血流量です。この2つの要素を最適にすることで、何が起きるのでしょう? 冒頭にお話ししたとおり、あなたの死亡リスクが減るのです。これは画期的なことだと思いませんか?

少しの違いが大きな違いに

毎日の透析で少しの工夫が大きな差になってきます。透析の時間が短く、血流量が低いと、透析が不十分となり死亡リスクを上げることになります。それを補うために、さまざまな薬剤を使用することになりますが、かえって身体にダメージを与えることにもなりかねません。基本は、そして重要なのは、十分な透析、最適な透析を行うことです。

実は毎日の少しの違いが大きな違いになります。日々の透析が極めて重要であることを理解していただければと思います。

お電話はこちら

転入や臨時透析も受け付けています。

(受付時間:月~土 8:30~19:30)

  • OasisHeart透析医療ニューズレター
  • 患者様・ご家族様向け透析コラム
  • 夜間透析
  • 活き活きプロジェクト
  • 採用情報
  • 在宅血液透析
  • 夜間透析
  • 旅行・出張透析
  • 活き活きプロジェクト
  • OasisHeart透析医療ニューズレター
  • 糖尿病チャンネル 最新の糖尿病に関するお役立ち情報を配信
糖尿病チャンネル 最新の糖尿病に関するお役立ち情報を配信
Oasis Medical 透析医療と手をつなぐ。