二次性副甲状腺機能亢進症はカルシウム濃度が必要以上に高くなる病気です。

電話番号 メニュー

透析用語集

二次性副甲状腺機能亢進症

腎臓が悪くなると血中のカルシウムが低下し、リンも排泄されなくなるため副甲状腺ホルモンが過剰に分泌され、二次性副甲状腺機能亢進症となります。

 

骨がもろくなる、関節が痛むなど多くの症状がでてきます。 活性型ビタミンD、リン吸着薬を使用し、カルシウムとリンをできるだけ正常域に保ちます。

お電話はこちら

転入や臨時透析も受け付けています。

(受付時間:月~土 8:30~19:30)