活性型ビタミンDは腎臓で作られ血液中のカルシウムを増加させる働きがあります。

電話番号 メニュー

透析用語集

活性型ビタミンD

ビタミンDは様々な食品に含まれていますが、これだけでは作用しません。

体内に入ると、肝臓と腎臓で活性型に変化して初めて作用出来るようになります。

 

活性型ビタミンDは、腸管からカルシウムの吸収を促進し、骨をじょうぶに保つ働きがあります。

腎不全ではビタミンDの腎臓での活性化がうまくいかず、骨がもろくなることがあります。

お電話はこちら

転入や臨時透析も受け付けています。

(受付時間:月~土 8:30~19:30)

  • OasisHeart透析医療ニューズレター
  • 患者様・ご家族様向け透析コラム
  • 夜間透析
  • 活き活きプロジェクト
  • 採用情報
  • 在宅血液透析
  • 夜間透析
  • 旅行・出張透析
  • 活き活きプロジェクト
  • OasisHeart透析医療ニューズレター
  • 糖尿病チャンネル 最新の糖尿病に関するお役立ち情報を配信
糖尿病チャンネル 最新の糖尿病に関するお役立ち情報を配信
Oasis Medical 透析医療と手をつなぐ。