CAPD(持続的携行型腹膜透析)は自宅や職場などで治療ができる透析治療法のひとつです。

電話番号 メニュー

透析用語集

CAPD(持続的携行型腹膜透析) Continuous ambulatory peritoneal dialysis

カテーテルを腹腔に留置して、そこから透析液を注液します。腹膜を透析膜として体内から老廃物や余分な水分を除去する透析療法です。携行型の腹膜透析によって、24時間持続的に治療できます。

お電話はこちら

転入や臨時透析も受け付けています。

(受付時間:月~土 8:30~19:30)