末期腎不全(ESRD) End-stage renal disease

腎機能の極度な低下により生命維持が不可能なため、腎代替療法を必要とする状態です。腎機能が終末期にあるため、腎性貧血や高血圧および他の心血管疾患、骨疾患、食欲不振、栄養不良といった長期合併症を伴うことがあります。

保存期

保存期とは、腎機能が低下した後、透析療法を開始するまでの慢性腎臓病の状態です。

β2-ミクログリブリン(β2-MG)

β2-MGは99個のアミノ酸からなる低分子量蛋白で、免疫反応に重要な役割を果たしています。β2-MGは腎臓の糸球体で濾過された後、尿細管で再吸収・代謝されるため、腎障害では血中濃度が上昇します。長期透析により、骨・関節等に沈着し痛みとともに機能障害をおこします。

ヘパリン

ダイアライザーや管の中で血液が凝固しないように凝固時間を遅らせる抗凝固剤です。

ブラッドアクセス

患者さんの血液をダイアライザーに送り込むために必要な血液の出入り口です。ブラッドアクセスにより、通常週3回の血液透析の際、必要時に連結充分な血流量の確保ができなければなりません。

ブドウ糖

エネルギーの素になるもので、血液透析における透析液にも使用されています。腹膜透析液には除水の原理となる浸透圧剤として添加されています。

 

栄養・食事療法においては、その患者さんが一日に必要なエネルギー(カロリー)は、腹膜透析液から体内へ吸収されるブドウ糖量を差し引いて計算する必要があります。