東京新橋透析クリニック 当クリニックのある新橋駅は、東京駅から3分、浜松町から3分と交通のアクセスが極めて良好です。

電話番号 メニュー
2022年03月17日

透析生活が劇的に変わる!自分でやるセルフ透析とは?

透析施設の都合に合わせたスケジュールで受ける一般的な透析治療は、透析に時間をとられて自由が利かない、透析しても体調がすぐれないといったマイナスの感情が生まれやすく、透析治療を辛いと思う患者は少なくありません。

ところが、「セルフ透析」は、自由度が高いうえに体調不良も軽減でき、QOL(生活や人生の質)の向上が望めます。透析生活のイメージがプラスに変わるセルフ透析とはどのような透析なのか、詳しくみていきましょう。

透析治療のつらいところ

一般的な透析治療では、透析施設に通院して、週3日、1回4時間の透析治療が必要です。通院の時間も入れると、2日に1回は半日以上の時間を透析に費やすことになります。透析中はベッドの上で過ごさなければならず、身体や行動の自由が制限されます。

透析患者もそれぞれ家庭や職場、学校での役割を持って生活しています。しかし、透析治療があるゆえに、社会生活にかけられる時間が少ない、あきらめなければならない、実行にうつせないなどの制約を強いられています。周りが職場や学校で過ごしている中、早退しなければならないという負い目や引け目を感じることもあるでしょう。

2日に1回透析施設に通院すること自体も、身体的、精神的な負担が伴います。さらに、透析治療を受けていても体調が整わないとなると、こんなにつらい思いをしているのになぜ体調はよくならないのかと余計につらく悲しい気持ちにもなるでしょう。食事や水分の制限によって、食事を楽しむことができない日々も続きます。

透析治療の時間的・行動面の制限や身体的・精神的な負担、生活を楽しめないことなどが透析患者のつらさにつながっています。

・Oasis Medical アメリカの透析医療機関での出来事。

実は、こんな楽な透析ライフもあるのです

自分に合った透析スタイルで透析治療を受けることによって、次のような透析ライフを送ることができます。

  • 体調が改善するので生き生きとした生活を送れるようになりQOLが向上する
  • 仕事や作業に集中しやすくなり、効率が上がる
  • 厳しい食事制限が緩和され、家族や友人と一緒に食事を楽しめる
  • 自分の生活スタイルに合わせて透析スケジュールを組めるため、生活における自由度が上がり、プライベートや仕事の充実を図ることができる
  • 透析中、ベッド上で活動を制限されることなく仕事や好きなことができる
  • ウェブシステムで透析の予約や変更、体調管理や状態管理が行える
  • 透析治療のイメージがプラスに変わる

セルフ透析

・医療法人社団 田端駅前クリニック 透析患者の99%が知らない体調を劇的に改善する方法とは
・生き活きチャンネル血液透析【体調改善&自由度向上】日本初の透析施設『Self-care Dialysis Center』のご紹介!

あなたの透析は間違っている?

腎臓の病気や障害と付き合いながら生活していくために、2日に1回のペースで透析施設に通い、食事や水分の厳しい制限を守って生活されている透析患者がほとんどでしょう。

透析治療を受け、生活における制限を守っていても、身体のだるさ、睡眠不足、集中できない、イライラする、頭にモヤがかかっている状態が続いているのであれば、十分な透析ができていないサインかもしれません。

米国のScribner博士らによって提唱された1週間あたりの透析量の指数を表すHDPスコアは72以上が十分な透析量だとされています。

HDPスコアは【1回の透析時間×(1週間の透析回数)2】の式で計算できます。一般的な週3日、1回4時間の透析だとHDPスコアは4×32=36となり、望ましいとされているHDPスコアの半分にしか満たないのです。

体調を気にせずに仕事や好きなことに打ち込み、生活を楽しむためには、自分の体調に合わせて透析の時間、日数をコントロールし、HDPスコアをアップできる透析が望ましいと言えます。

小川洋史 太田圭洋 在宅血液透析―透析時間と透析頻度からの考察― 透析会誌 45(10):923〜925,2012
話題の本.com 趣味や仕事も諦めない 透析患者のための新たな選択「セルフ透析」の魅力

セルフ透析のオンライン説明会に参加しよう

オンライン説明会

透析施設側の固定されたスケジュールに合わせた一般的な透析治療では、理想のHDPスコア72以上に達することはできませんが、「セルフ透析」であれば、HDPスコアをアップできます。

HDPスコアがアップすれば、体調不良や食事・水分の制限の緩和、合併症のリスクの軽減を図ることができ、透析患者の生活の質が向上します。

「セルフ透析」は自分の体調や都合に合わせて、好きな時に好きな時間だけ透析施設の透析機器を自分で操作して行える透析です。回路の組み立て、機器の設定、穿刺、片付けまですべて患者自身で行います。疑問や不安は専任トレーナーに相談でき、看護師、臨床工学技士のサポートも受けられる環境です。

透析患者、ご家族様向けのオンライン説明会が開かれています。次のURLから申し込むことができるので、ぜひ一度オンライン説明会に参加してみてください。
「セルフ透析」オンライン説明会URL:https://www.tbt-toseki.jp/sdc/inform

・話題の本.com 趣味や仕事も諦めない 透析患者のための新たな選択「セルフ透析」の魅力
・第4回 Oasis フォーラム「進化型透析の時代」プレイバック
・医療法人社団 田端駅前クリニック
・医療法人社団 田端駅前クリニック 透析患者の99%が知らない体調を劇的に改善する方法とは

まとめ

多くの透析患者が、透析治療を受けていても体調が良くならない、透析治療の通院で自由がない、仕事や趣味を思いきり楽しめないなどの悩みや辛さを感じています。

それは透析不足が原因の一つです。自分の体調や都合に合わせて行える「セルフ透析」であれば十分な透析を受けることができ、体調も整いやすくなって生活の質も上がります。

透析治療の時間を快適に感じられ、プラスに変わる透析ライフを一人でも多くの透析患者に経験していただけることを願っています。

(Visited 1 times, 1 visits today)

※コラムに関する個別のご質問には応じておりません。また、当院以外の施設の紹介もできかねます。恐れ入りますが、ご了承ください。

こちらをクリック

※コラムに関する個別のご質問には応じておりません。また、当院以外の施設の紹介もできかねます。恐れ入りますが、ご了承ください。

お電話はこちら

臨時透析・転入のご希望、当院に関するお問い合わせなど、お気軽にご連絡ください

(受付時間:月~土 8:30~19:30)