東京新橋透析クリニック 当クリニックのある新橋駅は、東京駅から3分、浜松町から3分と交通のアクセスが極めて良好です。

03-6274-6320
03-5537-5875
メニュー

猛暑を乗り切ろう!透析患者さんの夏対策

暑い夏、重篤になると死亡するケースもある熱中症には特に注意が必要です。

熱中症の対策は一般的に「暑さを避けてこまめに水分を補給する」ことによって行いますが、透析患者さんが同じように対策すると、水分の摂り過ぎで腎臓や心臓に負担がかかり、病態が悪化することもあります。

透析患者さんが是非知っておきたい、暑さ対策と水分補給の仕方についてポイントをみていきましょう。

     

透析患者さんは夏を乗り切るための対策が重要

透析患者さんの夏対策として、特に気をつけたいのが熱中症です。熱中症ではどのような症状がみられるのかを知り、透析患者さんの熱中症対策で注意すべき点についてみていきましょう。

     

熱中症とは

熱中症は、「高温高湿」「日差しが強く、風がない」「急に気温が上がる」「照り返しが強い」といった環境によって体温が上がり、身体の中の水分と塩分の電解質バランスの崩れや体温の調節がうまくいかなくなり、次のような症状がみられます。

重篤になると意識障害やけいれんが起こり、死亡することもあります。

  • ・立ちくらみ
  • ・筋肉痛
  • ・こむら返り
  • ・大量の汗
  • ・頭痛
  • ・吐き気
  • ・身体のだるさ
  • ・重症では意識障害やけいれん、手足の運動障害など

参考:公益社団法人・全日本病院協会 熱中症について

     

透析患者さんは一般的な熱中症対策では病状が悪化することも

一般的な熱中症対策として知られているのが「水分や塩分をこまめに補給」ですが、透析患者さんは、水分や塩分を制限なしに摂り過ぎてしまうと、腎臓や心臓へ負担がかかり、腎不全の悪化や心不全、肺うっ血などを起こすリスクが高くなります。

そのため透析患者さんでは、水分補給の仕方への工夫が必要です。

また、透析患者さんは自律神経の障害や腎貧血の影響により、体温調節の働きが低下している方が多く、夏場は体温が高くなりやすい傾向にあります。一般の方よりも、体温が上昇しやすいので、暑さを避ける対策も必要です。

     

透析患者さんの夏対策

熱中症にならないためのポイント

透析患者さんが熱中症を予防するためには「暑さを避ける対策」と「水分補給の工夫」がポイントとなります。

     

暑さを避ける対策

  • ・外出時は、その日の気温、熱中症指数を確認し、炎天下となる時間帯を避けるようにします。

  • ・日傘や帽子で直射日光を遮るようにします。通気性・吸湿性・速乾性に優れた素材や襟元・袖口の空いた風通しの良いデザインの涼しい服を選び、身体に熱がこもらない工夫をしましょう。

  • ・屋外での活動時は、日陰に入って休憩をこまめにとるように心がけましょう。

  • ・首周りに濡らしたタオルを巻く、わきを冷やすなど、冷却グッズを活用して身体の温度が高くなりすぎないような工夫をしましょう。

  • ・室内でも温度・湿度をチェックし、エアコン、扇風機などの空調を活用して適した温度・湿度を保つようにします。

  • ・夏の暑さでバテてしまわないように、日頃からウォーキングなどの運動で汗を流す習慣を身につけ、暑さに身体を慣らしておくことも大切です。

     

透析患者さんの暑さを避ける夏対策

水分補給の工夫

透析患者さんは、摂取制限なしに水分補給をしてしまうと水分の摂り過ぎになってしまいます。

スポーツドリンクには塩分や糖分も含まれているので飲みすぎには注意が必要です。 一気にたくさんの水分を摂ってしまわないように、水分補給時には次のような工夫をおすすめします。

  • ・汗をかくとミネラルやビタミンも失われます。ミネラルが含まれ、ノンカフェインの麦茶が水分摂取におすすめです。麦茶は、透析患者さんでは控えたいリンやカリウムの含有量の比較的少ない飲料です。

  • ・水分補給をする際は口を潤す程度を目安に、少しずつ口に含んで飲むようにしましょう。

  • ・氷1個を口に含んで時間をかけてなめます。氷1個は15~20mlの水分量に値します。食べすぎには注意しましょう。

  • ・食事で水分量の多いスープやみそ汁、お粥、シチュー、カレー、果物などを少し控えるようにして、飲む水分量との調整を行いましょう。

参考:透析新ライフ・より良い透析ライフのためのチェックリスト

     

透析患者さんの夏の水分補給

水分補給の目安と冷たい飲み物への注意点

透析患者さんの場合、骨代謝障害による骨折にも気をつけたいところです。

透析患者さんは水分を摂りすぎると腎臓や心臓へ負担がかかります。透析患者さんは透析後の目標体重(ドライウェイト)が決められていますので、基礎体重プラス3~5%の体重増加の範囲に納められるように、水分量を調節する必要があります。

【食事と飲料から摂取した水分量】―【尿や便、汗として身体から出ていく水分量】=【体重増加量(摂取水分量)】

となるため、体重を1日の中でこまめに測り、体重の変化から摂った水分量が適切かどうかを判断する目安としましょう。

冷たい飲み物は要注意

暑いときには冷たい飲み物をごくごく飲みたくなりますが、冷たい飲み物を一気にたくさん飲んでしまうと、体重が増加して腎臓や心臓に負担がかかるばかりではなく、胃にも負担がかかります。

消化機能が低下して食欲不振になることがあるので注意が必要です。

人工透析と寿命の関係

まとめ

透析患者さんは体温調節が行いにくいため、人一倍暑さを避ける工夫が必要です。

外出時の時間帯や気温、熱中症指数、身につける衣服などにも配慮しましょう。熱中症にならないためには、汗をかいた分の水分補給が必要です。ただし、水分の摂り過ぎは身体に悪影響を及ぼします。

自分のドライウェイトからどれくらいの体重増加の範囲内で水分を摂取すれば良いかを把握して、体重の変化を確認しながら少しずつ水分を摂るようにしましょう。

また、猛暑がやってくる前に、暑さに負けない体力を備えておくことも大切です。

こちらをクリック
お電話はこちら
  • 田畑駅前クリニック
  • お役立ち情報
  • 夜間透析
  • 都内へ転勤になった方へ
  • 旅行・出張透析
  • 在宅血液透析
  • 採用情報
  • 夜間透析
  • 旅行・出張透析
  • 在宅血液透析
  • 都内へ転勤になった方へ
  • 糖尿病チャンネル 最新の糖尿病に関するお役立ち情報を配信
  • 田畑駅前クリニック
  • Oasis Medical 透析医療と手をつなぐ。
糖尿病チャンネル 最新の糖尿病に関するお役立ち情報を配信
Oasis Medical 透析医療と手をつなぐ。