東京新橋透析クリニック 当クリニックのある新橋駅は、東京駅から3分、浜松町から3分と交通のアクセスが極めて良好です。

電話番号 メニュー
2022年07月28日

透析クリニックで働く看護師のお仕事内容。性格によって向き不向きもある?

透析クリニックで働く看護師の仕事内容や身につくスキル、目指せる資格について知りましょう。透析クリニックに向く看護師像も紹介しているので、自分の性格に向いているか向いていないかを考える際の参考にしてみてください。

透析クリニックで働く看護師のお仕事内容

透析クリニックでは、看護師は「透析準備から終了までの業務」「透析中の体調チェック・看護ケア」「透析患者への健康管理・指導」「記録業務」などの仕事を行います。

透析準備から透析終了までの業務

看護師のお仕事

透析患者が入室する前の準備は、人工透析装置のセット、必要物品の用意などです。透析患者が来室したら顔色や歩行など、普段と変化がないかを観察し、体重を測定します。

透析前には前回の透析時からの体調の変化などについての情報収集とバイタルチェックを行います。シャントの状態もシャント音を聞いて確認します。問題がなければ穿刺を行い、透析開始です。

透析終了時は、返血操作を行い、抜針、止血後に透析患者の体調チェックと体重測定を行います。最後に人工透析装置の片付けを行い、終了です。

透析中の体調チェック・看護ケア

透析中は透析患者の血圧が変動しやすいため、看護師は異変がないかを注意深く観察しながら見回ります。一人ひとりの透析患者に対して、血圧チェックやフットケア、スキンケア、薬剤投与などの看護ケアを行います。

透析患者への健康管理・指導

透析患者が体調を維持しながら安全に生活するためには、体重や食生活、活動量、シャントなどを適切に管理することが大切です。適切な管理が行えているかをチェックして、必要に応じて指導し、透析患者が透析生活を維持できるようにサポートするのも透析看護師の仕事です。

記録業務

日々のカルテ記録のほか、透析患者個々の状態や生活状況、患者や家族のニーズなどから問題点を抽出し、看護目標を立て、目標を達成するための看護計画を作成します。

・偕行会チャンネル 看護師の1日(透析クリニック)

透析治療の経験はスキルアップになるの?

看護師のお仕事

透析看護の仕事は、人工透析装置の操作やシャントへの穿刺など、専門的な内容です。そのため、透析看護に関する知識やスキルが身につきます。

透析看護に関するスキル

透析看護の知識とスキルをさらに高めていけば、透析看護のエキスパートである透析看護認定看護師をめざせます。腎不全看護のスキルアップを図り、慢性腎臓病療養指導看護師(旧:透析療法指導看護師)の資格取得をめざす道もあります。

そのほかにも、医師の指導のもとに人工透析装置の操作や管理を行える透析技術認定士や、透析患者に多い足のトラブルのケアや予防についての知識・技術を有するフットケア指導士、医師の指示のもとに糖尿病の療養指導を行える日本糖尿病指導療養士などの資格を取得して、透析看護の現場でスキルを活かしながら働くことも可能です。

・日本看護協会 専門看護師・認定看護師・認定看護管理者
・日本腎不全看護学会 慢性腎臓病療養指導看護師(CKDLN)
・医療機器センター 透析技術認定士に関する規則
・日本糖尿病療養指導士認定機構

透析患者とのコミュニケーションスキル

透析患者は不安や苦痛を感じやすく、透析治療も長期にわたります。中には不安や苦痛を怒り、不満といった攻撃的な態度で表す透析患者もおり、コミュニケーションが難しいと感じる場面も少なくありません。透析患者の気持ちに寄り添いながら、安心安全な透析生活を送るための的確なアドバイスや支援を行うコミュニケーションスキルが身につきます。

・東京ベイ・浦安 市川医療センター

小さな体調の変化に気づくスキル

透析中は透析患者の血圧や状態が変動しやすく、変化に注意する必要があります。前回の透析からの変化や透析患者が来院したときにいつもと違うという小さな変化にも気づけるスキルが身につきます。

・偕行会グループ 看護職員

透析クリニックに向く看護師はこんな人

透析クリニックの看護師の仕事は、透析看護に特化しており、働く環境も透析クリニック特有です。透析クリニックに向いている看護師像についてお伝えします。

透析の一連の流れをこなしながら、患者の対応も行える人

透析看護では透析準備から透析終了までの業務をこなしながら、透析中の透析患者の様子の観察やコミュニケーションをとることが必要です。

透析準備から終了までの一連の仕事の流れは毎回大きくは変わりませんが、穿刺や人工透析装置の操作など、専門的な医療行為を行う責任感や緊張感が伴います。透析の一連の流れを行いながら、個々の透析患者にも目を配る対応力が求められます。

多職種とチームで協働できる人

透析クリニックでは医師、看護師、臨床工学技士、管理栄養士、薬剤師、医療ソーシャルワーカー、医療事務、理学療法士など、多くの職種が働いています。

それぞれの職種の専門性を生かした視点を持ってチームで透析患者の生活を支えていくため、チーム内での情報交換や方向性のすり合わせは欠かせません。多職種が協働し、チームで透析患者をサポートしていくという意識を持って働ける人が向いています。

オープンフロアの環境が気にならない人

透析クリニックの多くはオープンなスペースにベッドが並んでいる環境です。そのため、透析患者への対応や穿刺などの看護技術は、透析患者にもほかのスタッフにもみられている環境下で行わなければなりません。オープンフロアの環境にプレッシャーを感じず、仕事をこなせる人が向いています。

コミュニケーションを大切にできる人

透析患者の小さな変化に気づくためには、日頃から透析患者やご家族とコミュニケーションをよくとるようにして、状態や状況を把握しておくことが大切です。透析患者の不安や苦痛、悩みに寄り添う対応も求められます。透析治療期間の長い透析患者から指導を受けた場合も受け止めて自分の学びに活かす姿勢を持ち、コミュニケ―ションを大切にできる人が向いています。

・偕行会グループ 看護職員

看護師のお仕事

まとめ

透析クリニックで働く看護師の仕事内容は、透析開始から透析終了までの一連の業務の遂行や透析患者の体調チェックやフットケア、生活指導などです。人工透析装置の操作や穿刺など、透析の専門的な知識や技術が求められるほか、患者の透析生活を支えていくためにコミュニケーションスキルも必要になります。

透析特有の業務をこなしながら、透析患者の気持ちに寄り添い、医師、臨床工学技士、医療ソーシャルワーカーなどの多職種とも協働して仕事を行える人が透析看護師に向いているでしょう。

(Visited 1 times, 1 visits today)

※コラムに関する個別のご質問には応じておりません。また、当院以外の施設の紹介もできかねます。恐れ入りますが、ご了承ください。

こちらをクリック

※コラムに関する個別のご質問には応じておりません。また、当院以外の施設の紹介もできかねます。恐れ入りますが、ご了承ください。

お電話はこちら

臨時透析・転入のご希望、当院に関するお問い合わせなど、お気軽にご連絡ください

(受付時間:月~土 8:30~19:30)