東京新橋透析クリニック 当クリニックのある新橋駅は、東京駅から3分、浜松町から3分と交通のアクセスが極めて良好です。

電話番号 メニュー

癌リスクにも注意が必要!透析患者さんのかかりやすい癌とは

腎移植後に悪性腫瘍の発生率が高いことが分かっています。一方、透析患者さんが悪性腫瘍を発生しやすいことははっきりとは示されておらず、国や研究によっても結果はさまざまです。

国内の報告では、透析患者さんは癌にかかりやすいと言えるデータや、よくみられる癌の種類についての報告があります。透析患者さんと癌について知っておきたいことをチェックし、不安を最小限にとどめることが重要です。

 

透析患者さんの死亡原因の第三位は悪性腫瘍

透析患者さんは一般の人と比べると、癌になりやすいと言われています。まずはその理由についてみていきましょう。

 

透析患者さんは癌になりやすい?

日本の透析患者さんの死亡原因の第三位は悪性腫瘍です。国内の報告では、悪性腫瘍が見つかった透析患者さんの88.3%が、透析を導入してから5年以内に悪性腫瘍が発見されています。

国内のデータで透析患者さんで癌にかかった方の標準化罹患比では、男性1.07、女性1.41であり、透析患者さんが悪性腫瘍にかかる率は高いと言えます。男女比では、女性の透析患者さんの方が悪性腫瘍の発生率が高いという結果になっています。

※1標準罹患比:透析患者さんの悪性腫瘍が、一般人口と比べて多いかをみるのに使われる。1より大きいと発生率が高いと言える。

参考文献1:一般社団法人 日本透析医学会 わが国の慢性透析療法の現況(2018 年 12 月 31 日現在)

参考文献2:海津嘉蔵 わが国の透析患者における癌の疫学と現状について 透析会誌 50(1):79~80,2017

参考文献3:国立がん研究センター がん情報サービス 最新がん統計 標準化罹患比

透析患者さんと癌の関係

透析患者さんが癌になりやすい要因

ひとつは、透析患者さんの年齢層は高齢化していることが要因として挙げられます。日本では60歳以上で癌による死亡率が高いと言われています。また、透析を受けている患者さんは65歳以上の年齢層が多く、年齢として重なっています。

そのほかにも免疫力が低下していること・慢性的な炎症を起こしていること・低栄養になりやすいこと・抗酸化防御機能が低下すること・発がん性物質が溜まりやすいこと・透析に関連する要因などが考えられます。

透析治療を始めてから5年以内にがんが見つかるケースが9割近くを占めていることから、腎不全が悪性腫瘍のリスクを高めているとも言われています。

※2抗酸化防御機能:身体の老化を進める活性酸素の働きを抑える機能

参考文献1:根木茂雄ほか 透析患者と悪性腫瘍 日腎会誌 2017:59(5):610-614

参考文献2:国立がん研究センター がん情報サービス 最新がん統計 4)がん死亡率~年齢による変化

透析患者さんのなりやすい癌

透析患者さんに多い癌の種類

国によって、透析患者さんにみられやすい癌の種類は異なります。日本では消化器系の癌が透析患者さんに多いと言われています。

日本で多い癌の種類は、男性は1位:肺がん、2位:胃がん、3位:大腸がん。

女性は1位:大腸がん、2位:肺がん、3位:膵臓がんですが、透析患者さんでは肺がんや胃がんは少なく、男性(若い世代)では、1位:腎がん、2位:多発性骨髄腫、3位:肝がん、4位:結腸がんです。65歳以上の女性に多い癌は子宮がんです。

 

参考文献:国立がん研究センター がん情報サービス最新がん統計

透析患者さんが知っておきたい腎がん

透析患者さんによくみられる腎癌は、透析腎癌と呼ばれています。透析腎癌の約8割は多嚢胞化萎縮腎に伴う腎細胞癌です。

長期間の透析によって腎実質が一旦は萎縮し、嚢胞が多数できて腎臓が大きくなったものを多嚢胞化萎縮腎と言います。多嚢胞化萎縮腎に腎実質の細胞が癌化する腎細胞癌が発生して、腎癌となることがあります。

多嚢胞化萎縮腎は透析期間が3年以上になると79%、10年以上になると90%の割合で発生するという報告があり、長期間にわたって透析をしている患者さんは注意が必要です。特に腎がんは、若い世代の男性に多い癌です。

早期に発見して、適切に腎臓を摘出する治療を行うことが大切です。状態に応じてCTや超音波検査などの定期的な検査で確認することが透析腎癌の早期発見につながります。

 

参考文献:5)石川勲 透析患者と腎癌 透析会誌 47(10):589~598,2014

透析患者さんと心臓の副作用

まとめ

透析患者さんは癌リスクにも注意しましょう。

透析患者さんは、長期間の透析治療でよくみられる多嚢胞化萎縮腎に伴う透析腎癌や、消化器系の癌になりやすいことが言われています。

特に透析を導入してから5年以内は悪性腫瘍の発生率が高いとされているので、定期的な検査を受け、癌のリスクにも注意を向けておくことが早期発見・早期治療につながります。

※コラムに関する個別のご質問には応じておりません。また、当院以外の施設の紹介もできかねます。恐れ入りますが、ご了承ください。

こちらをクリック

※コラムに関する個別のご質問には応じておりません。また、当院以外の施設の紹介もできかねます。恐れ入りますが、ご了承ください。

お電話はこちら

臨時透析・転入のご希望、当院に関するお問い合わせなど、お気軽にご連絡ください

(受付時間:月~土 8:30~19:30)

  • OasisHeart透析医療ニューズレター
  • お役立ち情報
  • 夜間透析
  • 活き活きプロジェクト
  • 転入のお問い合わせ
  • 旅行・出張透析
  • 在宅血液透析
  • 採用情報
  • 在宅血液透析
  • 夜間透析
  • 旅行・出張透析
  • 活き活きプロジェクト
  • OasisHeart透析医療ニューズレター
  • 糖尿病チャンネル 最新の糖尿病に関するお役立ち情報を配信
糖尿病チャンネル 最新の糖尿病に関するお役立ち情報を配信
Oasis Medical 透析医療と手をつなぐ。