東京新橋透析クリニック 当クリニックのある新橋駅は、東京駅から3分、浜松町から3分と交通のアクセスが極めて良好です。

電話番号 メニュー

透析しないとどうなる?拒否はできるの?

患者さんによっては透析治療を受けないことを希望する方もいらっしゃいます。透析治療をしないという選択肢は悪くなった腎臓の機能の代替をしないことであるため、日常生活を過ごす時間を縮めることとなります。

透析治療をしないとどうなるのか、透析をしない選択肢とはどのような場合に考えられるのかをみていきましょう。

 

透析治療をする理由

慢性腎不全で透析治療が必要になった場合、腎臓は正常の10%以下のはたらきしかありません。

腎臓は体の中の余分な水分や老廃物を除去し、電解質のバランスを調節しています。腎臓がはたらかなくなると水分や老廃物が体の中にたまり、むくみや高血圧、尿毒症などの様々な症状や合併症が現れ、全身状態が悪化していきます。

その他にも腎臓には造血ホルモンを作りだしたり、ビタミンDの活性化を行ったり、体が酸性に傾かないように調節していたりするはたらきもあり、腎臓の機能が低下すると貧血や骨粗しょう症、体に酸がたまるなどの症状もみられます。

慢性腎不全によって低下した腎臓の機能が元に戻ることはないため、腎臓の機能が著しく悪くなった場合には、透析治療や腎移植で腎臓の機能を代替する必要があります。

透析拒否

・Medical DOC 人工透析が必要な人が透析を受けないとどうなるの?
・腎援隊 Q.医師から「そろそろ透析が必要です」と言われました。透析を受けなかったらどうなりますか?
・腎援隊 腎代替療法とは

透析しないとどうなる?

腎臓の機能が低下し、医師から「透析治療の必要がある」と言われた患者さんが透析治療をしないと、腎臓の機能低下に伴う症状や合併症が現れます。

次のような状態がみられるようになり、いずれは心停止や意識障害を起こします。

  • ・体に水がたまり全身のむくみが生じる
  • ・肺に水がたまり、呼吸困難になる(肺水腫)
  • ・全⾝に⽔が溜まり、⼼不全や⾼⾎圧になる
  • ・老廃物がたまり、吐き気・嘔吐・意識障害・気分不良・下痢・いらいら感・頭痛・口臭・かゆみ・体のだるさなどの症状が現れる
  • ・電解質のバランスが整わず、高カリウム血症や高リン血症になる
  • ・体が酸性に傾き、アシドーシスになる
  • ・造血ホルモンが作られなくなるため貧血になる
  • ・ビタミンDの活性化が行われないため骨粗しょう症や低カルシウム血症になる

・腎援隊 Q.医師から「そろそろ透析が必要です」と言われました。透析を受けなかったらどうなりますか?
・齋藤記念病院グループ 04.透析を受けないと状態はどうなるか

人工透析をしないという選択肢もある?

一般的な人工透析治療は週3日、1回4時間の通院が必要です。生活スタイルによって通院頻度を確保することが難しい場合は、腹膜透析や夜間透析、オーバーナイト透析、在宅透析、腎移植などの治療方法もあります。

しかし、高齢や認知症で透析治療を受けることが困難な場合や血圧低下・末期がんなどの全身状態の悪化のために透析を導入できない場合、本人や家族が緩和ケアのみを希望する場合は主治医や医療スタッフと相談のうえで透析治療を行わないという選択肢もあります。

透析治療を受けないと、だんだんと全身状態が悪化して死亡するリスクが高まります。患者さんが透析をしないという選択肢を希望する場合には、主治医を含めた複数の医師や看護師、ソーシャルワーカーなどの医療チーム全体で多様な視点から今後の治療方針を検討し、透析治療をしないことでどのようなことが予測されるかを患者さんやご家族に理解してもらう必要があります。

最初は患者さんが様々な不安から透析を拒否していても、通院を続けるうちに透析治療を受け入れる患者さんもいらっしゃいます。患者さんご自身にとって最善の選択肢となるように透析治療についての十分な情報収集を行い、医療機関での相談を重ねることが大切です。

・日本透析医学会 透析の開始と継続に関する 意思決定プロセスについての提言
・日経メディカル 透析を希望しない意思決定プロセスも提示へ
・白浜雅司 高齢腎不全患者の透析拒否の対応 日本内科学会雑誌第96巻第2号

医者と相談

まとめ

透析治療が必要であると医師より説明を受けたら、どのような透析治療の方法があるのかを知り、自分にはどのような方法が適しているのかをご家族や主治医、病院スタッフとともに相談し、考えていきましょう。

「透析治療を受けたくない」と考える場合にはなぜそう思うのかという理由を明確にし、不安や問題を解決する方法を医療スタッフとともに探っていくことも大切です。

透析治療は長く付き合っていく必要があるため、患者さんご自身が納得して受けられる治療方法を選択できるように、十分な情報収集や相談を行いましょう。

※コラムに関する個別のご質問には応じておりません。また、当院以外の施設の紹介もできかねます。恐れ入りますが、ご了承ください。

こちらをクリック

※コラムに関する個別のご質問には応じておりません。また、当院以外の施設の紹介もできかねます。恐れ入りますが、ご了承ください。

お電話はこちら

臨時透析・転入のご希望、当院に関するお問い合わせなど、お気軽にご連絡ください

(受付時間:月~土 8:30~19:30)