東京新橋透析クリニックの公式ブログです。透析に関する様々なお役立ち情報を発信します。

電話番号 メニュー
2021年06月24日

透析を受けるとトイレの回数が減る?お手洗い事情について

透析治療を受けている時間は長時間にわたるため、尿意や便意をもよおすときもあるでしょう。透析中は透析機器と腕のシャントが回路でつながっている状態のため、「トイレはどうやって行くのだろう」「一度針を抜いてからトイレに行き、また針を刺さなければならないのだろうか」など、不安に感じることもあると思います。 透析治療を開始してからのトイレの回数や、透析中に起こる便意などの透析患者さんのお手洗い事情について知り、トイレ時の不安を軽くしましょう。

続きを読む
2021年06月24日

心胸比って?透析患者さんの心不全管理について

透析患者さんのドライウェイトの決定の際には心胸比(CTR)の値を目安にします。心胸比の詳しい説明や透析患者さんの心胸比の目安値、心胸比が大きい場合や小さい場合はどのような影響があるのかについて確認していきましょう。

続きを読む
2021年06月17日

お刺身もたまには食べたい!透析患者さんと食事療法

透析患者さんは体の中の老廃物を排泄してくれる腎臓の機能が低下しています。そのため、体に必要な成分をしっかり摂り、不要な成分を摂りすぎないように毎日の食事療法が必須です。お刺身はカリウムが多く含まれるので、透析患者さんは注意が必要といわれる食品ですが、お刺身を食べたいときにはどうすればよいのでしょうか。お刺身の成分や食べる際の注意点について確認していきましょう。

続きを読む
2021年06月11日

ビタミン摂取も大切!透析患者さんが不足しやすいビタミンとは?

ビタミンは食べたものから体や脳を動かすためのエネルギーをつくるサポートや、成長・免疫・造血などの体の働きのサポートに関わっています。ビタミンは野菜や肉、魚、卵などのたんぱく質に多く含まれており、食事制限が必要な透析患者さんでは不足しやすいビタミンの種類もあります。透析患者さんで不足しがちなビタミンと、反対に摂りすぎてしまいがちなビタミンについて、さらにはサプリメント摂取についても確認していきましょう。

続きを読む
2021年06月03日

梅雨の時期は要注意!透析患者さんが注意したい食中毒について

食中毒の原因となる細菌が増えやすい梅雨時期は食中毒を防ぐ対策を行いましょう。透析患者さんの食中毒の影響や食中毒の原因となる細菌について知り、食中毒を防ぐポイントをおさえましょう。

続きを読む
2021年05月25日

むずむず脚症候群って?透析と足のケアについて

むずむず脚症候群は、足がむずむずする異常な感覚が起こります。透析患者さんではむずむず脚症候群を抱えている人の割合が多く、診断がつけば治療が必要です。

どのような症状がみられるのか、その原因や治療法についても詳しくみていきましょう。

続きを読む
2021年05月18日

透析患者さんのホルモンバランスの乱れと対処法

ホルモンは内分泌腺でつくられる化学物質で、体がどのような状況の時にも一定のはたらきを行うように調節しています。副甲状腺は喉にある甲状腺の後ろ側に4つ位置していて、血液中のカルシウムやリンの濃度を調節するはたらきを持っている副甲状腺ホルモンを分泌します。

透析患者さんではこの副甲状腺ホルモン(PTH)が過剰に分泌され、ホルモンバランスが乱れる状態がみられます。透析患者さんのホルモンバランスの乱れについてみていきましょう。

続きを読む
2021年05月11日

透析中に筋けいれん・こむらがえりを起こしやすい。その原因とは?

筋けいれん・こむらがえりは運動中によくみられる症状です。準備運動を十分にせずに運動をしたときや、体が冷えているとき、脱水状態のときに起こりやすくなります。

透析中は運動せずにじっとしているのに、筋けいれん・こむらがえりが起こるのはなぜでしょうか。ただ放置していると危険な病気から起こるこむらがえりもあるので確認していきましょう。

続きを読む
2021年05月07日

シャントの狭窄・閉塞って?起きた場合の治療法と早期発見について

シャントは透析治療を受ける透析患者さんにとっては、透析器と体をつなぐ大切な血管です。シャントには透析治療の度に大量の血液が行き交うため、ストレスがかかりやすい部分です。

そのため、シャントのトラブルはよく起こります。今回はシャントの狭窄・閉塞について詳しく学んでいきましょう。

続きを読む
2021年04月27日

体温調節機能が乱れやすい。透析患者さんと体温の関係

透析患者さんでは、夏場はクーラーをかけている室内でもひどく暑く感じ、冬場は暖房がかかっている室内でも厚着しないと過ごせないほど寒さを感じるなど、健常な人との体感温度のずれが生じやすくなります。

透析患者さんが健常な人に比べて夏暑く、冬寒く感じやすい理由と夏場や冬場の具体的な体温調節の方法について知り、対策を行っていきましょう。

続きを読む